willとbe going toの違いとは

willとbe going toの違い

瞬間英作文で学ぶwillとbe going toの違い

未来を示すwillとbe going toについて、瞬間英作文に次の例文があります。

will do it.       

私がそれをやります。

I am going to meet him this afternoon. 

今日の午後、私は彼に会うつもりです。

そして、次の説明がありました。

be going to は will のように未来のことを表しますが、主に予定として決まっているようなことがらを言う時に用います。

この説明だけでは、いまいち納得できなかったので、調べてみました。

すると、次のような違いがあることがわかりました。

 

willを使用するときは、自分の意志によって決めたことや、今思いついたことをいう場合に使用するようです。

will do it. 「私がそれをやります。」は、自分の意思で決めたことですね。

また、今思いついて「私がそれをやります。」というときにも、

will do it. を使用します。

 

一方、be going toは、予定されていることについて言う場合に使います。

I am going to meet him this afternoon.

「今日の午後、私は彼に会うつもりです。」は「予定」を示しています。

「会うつもりです」は、私の意思のようですが、

それは「今日の午後」なので、あきらかに「予定」になっていますね。

 

これで納得です(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

 

 

 

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。