“negative” と “look it up” の発音について

カタカナ英語ではない発音や、音声変化している発音の例

[英語スタディサプリより]

ネイティブの発音が聞き取りにくい原因として、

スペルどおりの発音になっていないことがあります。

 

たとえば、”negative” 「否定的な」は、

Don’t be so negative.

「そんなに否定的になるなよ」

のように使います。

この”negative“は、

日本ではすでに「ネガティブ」という

カタカナ英語で通じるようになっていますよね。

 

ところが、ネイティブの発音は違うんですね~

“negative” の”ti” が変形してラ行の音になります。

「リ」と「レ」の間ぐらい、との説明があります。

 

つまり、「ネグリヴ」のような発音になるそうですよ(笑)

negative“ を「ネグリヴ」と聞きとれなければ

カタカナ英語で知られている

ネガティブ」のことだとは、聞きとれないということです。

 

もう一つの例は、”look it up” 「調べる」の発音です。

スペルから大幅に音声変化する例のひとつです。

解説では次の例文があります。

“Let’s look it up in the dictionary.”
「辞書で調べてみようよ」

 

この例文の”look it up” について次の説明があります。

“look it up” は音が連結、変形して

ルキラップ」のような音になります。

 

look it up“のスペルは簡単なのですが、

ルキラップ」の発音から”look it up“と判断できなければ

「調べる」という意味にたどり着けないんですね(困)

 

このように、ネイティブの発音は

音声変化しているのがあるので

難しいんだなあ~(笑)

 

でも、具体例をたくさん増やしていくと

変化のルールが見えてくるので、

始めての変化でも聞こえるように

なってくるそうですよ(笑)

 

「何度も発音練習して音声変化の

パターンを覚えていきましょう」

ということでした…(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。