“It might mean that ~” 「~ということかもしれませんね」

「~という意味かもしれませんね」というとき、”It might mean that ~” をつかいます。

[英語スタディサプリより]

次の解説があります。

It might mean that ~”は、「~という意味かもしれませんね、~ということかもしれませんね」という意味の表現です。

 

このように

「~という意味かもしれませんね」とか

「~ということかもしれませんね」ということは

よく使うフレーズですよね。

 

たとえば、次の例があります。

It might mean that he is not coming.

「彼は来ないということかもしれません

It might mean that he doesn’t like me.

「彼は私のことを好きではないということかもしれません

It might mean that he is not ready.

「彼はまだ準備ができていないということかもしれません

 

 

このように、単語の意味を確認するときや、

状況、説明の意味を確認する場合にも使える

It might mean that ~“は、

とても便利な表現だと思います(笑)

 

 

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。