“I’ll have~” 「~をお願いします」と注文するとき

レストランなどで注文するときのフレーズです。

[英語スタディサプリより]

何かを注文するときのフレーズとして、

英語のテキストに”I would like(to have)~”

を使うと丁寧であるという説明がありますが、

これは必ずしも正しいとは言えないということです。

 

レストランなどで注文する場合は、

I’ll just have coffee.” 

「コーヒーをおねがいします。」

と表現します。

 

もしも、レストランでメニューを注文するときに

“I would like(to have)~”を使うと、

Of course!!=「もちろん大丈夫ですよ!」

と言われることがあるそうです。

 

なぜでしょう?

ここが本日の学習のキモになります。

次の説明があります。

実際に I would like(to have)を使うのは、通常のメニューから何かを抜く/足す場合など、条件をつける時に使われることが多いです。

 

would” は仮定法で使うので、

I would like(to have)を使うと

「もし可能であれば」というニュアンスが入るので、

「もちろん大丈夫ですよ!」”Of course!!”

となるのですね(笑)

 

レストランで何かを注文する時は

I’ll have~. を使うのが一般的だということでした(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。