I wish I could,but~「そうしたいけれど、でも~」と断るフレーズ

「私もそうしたいが、残念ながらできない」と断るときのフレーズ

[英語スタディサプリ]より

相手の誘いや依頼を断るときによく使われるフレーズだそうです。

I wish I could, but I don’t really have time now, Shun.

「そうしたいところだけど、今は本当に時間がないのよ、シュン」

 

I wish I could.は仮定法で「(実際にはできないが)~できたらいいのに」という意味です。

この解説の中で、つぎのような説明がありました。

 

相手の頼み事を聞き入れられない時、断りたいときは即座に返答しましょう

少し考えているところを見せると相手に心のスキを見抜かれてしまいます

 

断るときに「心のスキを見抜かれる」とは、どのようなことでしょう?

きっと、「本当は~してあげたくない」という「気持ちを見抜かれる」

ということでしょうね。

そのため、「really」まで付けているのでしょうか?

I wish I could, but I don’t really have time now, Shun.

「そうしたいところだけど、今は本当に時間がないのよ、シュン」

心のスキを見抜かれない」ようにするのも大変そうですね(笑)

 

じっくり考えて断る場面もありますが、

大人の対応として、「いやだ」とは言えない状況で

このフレーズが必要になるのでしょう。

 

次の例文で断る練習をしています。

・Can you lend me some money?

「お金を貸してくれませんか?」

・Can you lend me your car?

「車を貸してくれませんか?」

・Can you lend me your apartment?

「あなたのマンションの部屋を貸してくれませんか?」

なるほど、このような質問に利用できるということですね(笑)

この質問なら速攻で断ることもできそうですが・・・

相手によって十分利用できそうですね(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。