“everyone” と “everybody”の違いについて

“everyone” と “everybody”の違いについて学習しました!

[瞬間英作文より]

現在、瞬間英作文の例文を暗記している最中です。

文型ごとの例文を、ほぼ覚えることができたようです。

 

文型別に日本語の例文が出てくると、

ほぼ全文を英文に変換できるレベルです(笑)

 

でも、文型をシャッフルすると

途端に英文が出てこなくなることが多いので

これから、文型がシャッフルされても

スラスラ英文が出てくるように

トレーニングしているところです。

 

このトレーニングをしていると、

同じような意味の単語がチョイチョイ出てきます。

その場合、どうしてこのように使い分けられているのか、

とても気になってしまいます。

 

これまでも

“study”と”learn”や

“something” と”anything”など

気になった単語の違いについて学習しました(笑)

 

今回は、”everyone”と”everybody”の違い

について気になりました(笑)

 

「瞬間英作文」の例文に次の文があります。

“She is singer everybody knows.”

「彼女は誰もが知っている歌手です。」

“He is so kind that everyone likes him.”

「彼はとても親切なので、みんな彼のことが好きだ。」

 

そこで、英語辞書weblioで調べてみました。

everyone“=「だれも」、「だれもみな」、「だれもかれも

意味・用法は”everybody “と同じだが”everybody “の方が口語的

 

微妙に使い分けはありますが、

everyone“と”everybody“は、どちらも同じ意味のようです。

口語的か、口語的でないかということは

要するに、同じ意味でもニュアンスの違いなので、

特に、文法上の違いはないということですね(笑)

 

[現在使用中の教材]

【スタディサプリ ENGLISH】

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。