英語で注意する発音の脱落と連結について

英語を聞き取るための注意点

実際の会話では英語学習で覚えた単語どおりには、発音してしないようです。

洋画を字幕なしで観られるようにするには、セリフの聞き取りが重要です。

今回は発音の脱落と連結について英語スタディの「会話文チェック」で学習しました。

次の例文があります。

That’s what I like about movies.

「映画のそういうところが好きなんだ」

 

「what I」は、「ワッツ アイ」ではなく、「ワライ」のような発音になります。

 what の 「t」と次の「 I 」とが連結した発音です。

 

like about は、「ライク アバウト」ではなく、「ライカバウ」になります。

 about の最後の「 t 」が脱落しているんですね。

 

このような発音上の脱落と連結によって、次の文

 That’s what I like about movies.

は、「ザッツ ワライ ライカバウ ムービーズ」

のように発音するそうです!!

 

このような発音の脱落や連結は、知識として覚えることがたいへんなので、

とりあえず感覚として慣れるように、

意識しながら多くの文を聞くようにしようとおもいます。

 

先日観た映画の「グリーンブック」の中で、

イタリア移民のアメリカ人が

発音の練習を受けているシーンがありました。

 

その発音の練習シーンを見て、

すべてのアメリカ人が完璧な発音をするとは限らないという

当たり前のことに気が付いて、少し気が楽になりました (笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。