瞬間英作文の不定詞その1

不定詞の形容詞的用法

日本人が最も苦手にする用法

瞬間英作文の中学2年レベルに不定詞の例文があります。

to+動詞の原形で、名詞、副詞、形容詞のように使う文です。

その中でも、特に、日本人にとって最も苦手にするのが形容詞的用法だそうです。

 

例えば次の例文を、日本人学習者が英訳すると次のように表現することが多いそうです。

「今日はちょっとやらなければならない仕事があってね。」

I have to do some work today.  

 

一方、ネイティブの文にすると次のようになります。

「今日はちょっとやらなければならない仕事があってね。」

I have some work to do.

次の例文もあります。

「手紙を1通書かなくちゃ」

I must write a letter.

日本人学習者はこのようになりがちだそうです。

一方、ネイティブは、

「手紙を1通書かなくちゃ」

I have a letter to write.

どちらも、ネイティブの方がシンプルな言い回しのような気がします。

 

このように、ネイティブは不定詞の形容詞的用法を使うことが多いので、

口をついて出てくるようになるまで練習することが大切だそうです。

 

たしかに、英語スタディの文でも、このような不定詞の文が多いような気がします。

瞬間英作文で、不定詞を使う文を身につけたいと思います(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。