動名詞について

名詞の働きをする動名詞

不定詞の次は動名詞です

動詞+ingで名詞の働きをするものです。

瞬間英作文には、主語、目的語、補語の使い方を覚えるために

次のような例文があります。

(主語) 海外旅行が彼の趣味です。

    Traveling abroad is his hobby.

(目的語) 彼は海外旅行が好きです。

    He likes traveling abroad.

 (補語) 彼の趣味は海外旅行です。

    His hobby is traveling abroad.

このような用法を自在に使えるようにするには何度も練習するしかないようです。

ところで、不定詞と動名詞はどのように使い分けるのでしょうか?

ここで、「くもんの中学英文法」で動名詞を確認しました。

そこには、次のような間違い探しで使い方の違いが示されていました。

次のまちがいを見つけましょう。

They enjoyed to swim in the river last Sunday.

「彼らはこの前の日曜日、川で泳ぐことを楽しんだ⇒川で水泳を楽しんだ」

正解は次のとおりです。

They enjoyed  swimming in the river last Sunday.

次の説明があります。

動詞enjoyは、to 不定詞で目的語になれません。

動詞enjoyは、動名詞が目的語になります。

動名詞やto不定詞が目的語になれるかどうかは、動詞によって決まります。

to不定詞・動名詞が目的語になる動詞は次のとおりです。

どちらも目的語になる動詞

begin(~しはじめる),start(~し始める),like(~することが好きだ),love(~することが大好きだ),など

to不定詞だけが目的語になる動詞

want to ~(~したい),wish to~(~したい),hope to~(~することを望む),plan to~(~することを計算する),decide to ~(~することを決定する),など

動名詞だけが目的語になる動詞

enjoy  ~ing(~することを楽しむ),finish  ~ing(~しおえる),stop  ~ing(~することをやめる),mind  ~ing(~することを気にする),など

どちらも目的語になるが、意味がちがう動詞

try to ~(~しようと努力する)/try ~ing(試しに~してみる)

foget to ~(~することを忘れる)/foget ~ing(~したことを忘れる)

remember to ~(忘れずに~する)/remember  ~ing(~したいことをおぼえている),など

ここらへんが大事なようですね(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。