Sorry, but~「申し訳ないけど、残念ながら~」と断るフレーズ

相手の期待に応えられないときに丁寧に断る表現

[英語スタディサプリより]

依頼や誘いを断るときに使われる表現です。

相手の期待に応えられないことを丁寧に伝えることができます。

次の例文があります。

Sorry, but I have someone else in mind.
「申し訳ないんだけど、他に好きな人がいます」

この状況なら、「申し訳ない」という気持ちが相手に伝わりますね(笑)

 

Sorry, but~ についての解説は次とおりです。

Sorry, but~.は、「申し訳ないが~」という意味で、

Sorry I have to tell you this, but~.

=「こんなことをいうの申し訳ないんだけど、~

 

という文を一部省略して、Sorry, but~. とだけ言っています。

 

“Sorry, but~” というだけで、

こんなことをいうの申し訳ないんだけど、

と伝わるのなら、ぜひ覚えたい表現だと思います(笑)

 

次のような使い方もできます。

・Sorry, but I have a date.
「申し訳ないんだけど、デートの約束があるんです」

・Sorry, but I’m not interested.
「申し訳ないんだけど、興味がありません」

 

丁寧ですが、状況によってはパンチのある断り方ですね(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。