“something” と “anything”の違いと、その使い分け

「何か」を意味する単語の使い方です!

[くもんの中学英文法より]

「瞬間英作文」で次の例文を暗記しました。

“Did he want something to eat?”

「彼は何か食べるものが欲しかったのですか?」

“I don’t have anything to do today.”

「僕は今日何もすることがない。」

 

これらの文は、「不定詞の形容詞的用法」で覚える例文です。

不定詞の使い方には、まだ苦労していますが、

実は、

「something」と「anything」の違いについて知りたいと思いました。

そこで、「くもんの中学英文法」で確認したところ、

次のことがわかりました。

肯定文で「何か」を意味したい場合は「something」を使う。

否定文や疑問文で「何か」を意味したい場合は「anything」を使う。

肯定文で「anything」を使うと「何か」ではなく「何でも」になる。

なるほど、こんな使い分けがあったのですね(笑)

 

さらに違いを調べてみると、次の違いも見つけてしまいました。

“Would you like somothing to drink?”
「何か飲み物はいかがですか?」

この例文は疑問文なのに「something」を使っています。

その理由として、

相手が「yes」と答えることが予測できる状況か相手に「yes」と答えてほしい状況に該当するため、「something」を用いる。

との説明がありました。

一方、

相手が「yes」と答えるか「no」と答えるかが定かでない状況での疑問文では「anything」を用いる。

ということです。

英語は奥が深いですね(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。