英語スタディサプリの重要表現から

「病院へ行く」→ go see a doctor

基本形では go to the hospital 

ところが、英語スタディサプリのネイティブ表現では、

「病院へ行く」→go see a doctor になるそうです。

 

基本文を覚えながら、習慣的な表現まで覚えるのは

負担になるような気がします。

それでも、「簡単な文でもいろいろな表現がある」

程度に軽く接していると、案外身についてくるかもしれないですね。

 

英語スタディサプリには、次のような文もあります。

「美容院へ行く」→go to the hair salon (基本形)

【男性の場合】get a hair cut

【女性の場合】have my hair done 

このような表現の方がよく使われるということです。

「ルールにとらわれたり、直訳にこだわるのではなく、

ネイティブが習慣的に使う自然な表現を身に着けてください」

ということでした。

これ等の表現は、映画を観たり、ネイティブと会話をしたり

するときに重要ですね(笑)

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

 

 

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。