英語学習を始めて半年の成果を振り返ってみました。

「1年で成果を出す」と始めた学習の中間報告です(その1)

[瞬間英作文]について

記憶力が衰え始めた時期に始めた英語学習ですが・・・

なんとか、「中学3年レベル」までの例文を

暗記することができました(祝)!

 

付属のCDを使用し、

日本語を聴いた後で英文を言うトレーニングで

暗記したことを確認できました。

でも、まだスラスラと出てこない文もあります・・・

 

それでも、半年で中学3年レベルまでの例文を

暗記できたのは、正直、うれしいです(笑)

 

「瞬間英作文」の覚え方がユニークです。

日本文をみて英作文を作成するのですが、

英文が出てこないときは、

すぐに答えを見てしまっていいのです(笑)

 

答えを見て「なるほど」と思える状態にしておき

英作一文当たり、10秒以上考えないようにします。

 

具体的なトレーニングとしては、

日本文を見て、思い出せる部分を英文にしたあと、

10秒以内で思い出せなかった部分は、

すぐに答えを見て確認する作業を繰り返します。

 

100文程度の文章を一つのパートとして繰り返します。

最初は20~30分程度で一回りしますが、

次第に一回りする時間が短縮され

最後は、英文を確認する必要がなくなりました。

 

昔の暗記方法では、なんとか記憶に残そうと

力ずくでゴリゴリ覚えようとしていたものです。

そのため、覚えられない部分はストレスになり、

このストレスが溜まってやめてしまうのが常でした。

 

でも、肩の力を抜いて、

覚えている部分と覚えていない部分を

確認するだけの暗記方法では、

覚えられないというストレスはありません。

 

逆に、確認作業が減ってくると

「結構覚えているんだな」という

実感にかわってきました。

 

そして、確認せずに英文を完璧に言えるたびに

ヤッター感を感じることができました。

これが半年も続いた最大の理由だと思います(笑)

 

ただし、現在は文型別に覚えていますので、

一つの文型が決まると、次々と同じ文型で作成できますが

文型を決めるまで手間取ってしまいます。

 

次は、文型をシャッフルしても、すぐに、口に出るように

ステージアップしたトレーニングを始めたいと思います(笑)

 

あと半年で、ネイティブと話せるようになるのかな?

 

毎日の学習時間は、次の通りです。

・「瞬間英作文」を通勤時間の片道30分×2

・「英語スタディサプリ」を毎朝30分と帰宅後30分

 

基本的に1日2時間になりますが、

1回の学習時間は最長30分なので

なんとか集中力は持続できています。

 

[現在使用中の教材]

【 英語スタディサプリENGLISH ( 株式会社リクルート・オンラインサービス )

・出勤前早朝30分+帰宅後夕方30分 ⇒聞く・話す・書く の基礎的トレーニング

 

【 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング ( 森沢 洋介 著・ベレ出版発行) 】

・通勤時間往復60分 ⇒中学レベルの基本文暗記による英会話トレーニング

 

【 くもんの中学英文法 ( 株式会社公文出版発行 ) 】

・土・日 各30分+必要時 ⇒中学レベルの基本文を文法・文型で理解する

 

【 英語を話せる人」と「挫折する人」の習慣 ( 西 真理子 著・明日香出版社発行) 】

・必要時 ⇒モチベーションを高めるときに読み直しています(笑)

 

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。