目標! 1年で成果を出す!

英語学習に挑戦する英会話初心者の体験日記を始めました。

[なりきりスピーキング]

スピーキングの練習です。会話文に合わせて実際に発音しながら練習します。

このトレーニングでは特に登場人物になりきって話すトレーニングをします。

登場人物が話す例文の通りに会話文を発音すると、機械判定されます。

合格点に達していない場合は、「もう一度挑戦」になります。

合格判定は、「OK判定」、「GOOD判定」、「GREAT判定」の3段階に評価されますが、「OK判定」を重ねても次のレッスンに進めないので、最低「GOOD判定」をめざすことになります。

はじめのころのレッスンでは、たとえば次の発音が「OK判定」から先になかなかすすめませんでした。

「I guess so.」 たぶんね。

当時は、こんな短い発音でも、評価がgreat判定になり、全部の発音が合格になるまでに、1週間かかっています。

その後レッスンを続けてわかってきたのは、短い文ほど判定が厳しいようです。

 

この[なりきりスピーキング]は、「ディクテーション」と共にとても重要なトレーニングになる実感があります。

合格に達すると嬉しくなり、次に進むのが楽しくなりますよ。

これらのトレーニングを手軽にできるのはとても評価できます。

 

(続く)

 

アクセス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

[プロフィール] 【出身】 北海道 【年齢】 シニア  【趣味】 ウィンドサーフィン、スキー、キャンプ、音楽 【目標】 日常会話を話せること。映画・音楽を聞き取れるようになること。